生産者のご紹介|みかんの通販なら「石児さんちのもぎたて便」へ

ご注文はこちら
~取扱商品~
お客様の声
生産者紹介
こだわり
農場体験
農場日記
豊予農場
豊予農場写真

〒873-0011
大分県杵築市大字相原495-18
TEL:0978-63-0788
FAX:0978-62-4010
お問合せはコチラ

HOME > 生産者のご紹介
生産者紹介

安全安心にこだわり、家族みんなで新鮮な果物を作っています

園主・石児賢二が、石児家一同をご紹介いたします。

園主・石児賢二 小学生の時に書いた文集にも農場経営と書いてあったぐらい、果物作りが大好きで、夢を持って日々がんばっています!自己主張は苦手ですが、自分が作った果物で、自分のことを知っていただきたいと思ってます。
妻・典子 農家とは全く関係のないところから嫁いできました。子育てに奮闘しながら明るい笑顔で、わが家のお客様の皆様に可愛がっていただいています。
父・良徳(よしのり) 豊予農場の創業主。今もバリバリの現役で、園主の目標です。
母・弘子(ひろこ) がんばり屋、料理上手。妹、志暢(しのぶ)几帳面、数字に強い。
長女・美由布(みゆふ) 園主が子供のころからなれ親しんだ由布岳から名前をもらいました。元気印!
次女・亜由美(あゆみ) 芯の強さでしっかりもの。
長男・遼太郎(りょうたろう) 甘え盛りの、いたずら盛り、みんなのアイドルです。
豊予農場のご紹介

南向きの緩やかな斜面で 別府湾を望む高台の果樹園

豊予農場では、2.5ha(9000坪)の果樹園に、かんきつ類7種類、梨4種類、その他富有柿や干し柿などを生産、販売しています。
南向きで日当たりがよく、遠くにおだやかな別府湾を望む高台の果樹園です。緩やかな斜面のため、梨狩りや、みかん狩りの時には、小さいお子さんから高齢の方までみなさんで楽しんでいただけます。
園内には様々な種類の木があります。たくさんなる木、今年は休んでいる木などあり、個性豊かな農場です。

4月に白い梨の花が満開に咲きキレイですよ!

半世紀のあいだ大分県杵築市で皆様のご愛顧をたまわりました

家族とスタッフ一丸で育てています。

豊予農場は2011年に、おかげさまで50周年をむかえることが出来ました。
園主の父である若き石児良徳が、希望を持って豊予海峡を渡り、この地に志を持ったのは1951年のことです。当時の杵築市は「柑橘興市」(柑橘でまちを興そう!)のスローガンを立て市内あちこちで開拓事業が行われていました。

父は愛媛県の生まれでそちらでも代々農業を営んでいましたが、狭く、傾斜のきつい土地に苦労していました。当時のみかんブームもあり大規模化が期待できる傾斜の穏やかなこの地に期待を持ちました。

まだ当時は大型の作業機械も少なく、手作業による開墾が続きましたが、地区一体となり励まし合いながら開拓していきました。みかんの苗木の間に大根やジャガイモを植えて、少しでも収入が上がるように工夫しながらみかんの初収穫を待っていました。

初めてみかんの収穫をした時は、とてもうれしかったそうです。その後、価格暴落や自然災害など数えきれない困難の中、半世紀のあいだ大分県杵築市で皆様のご愛顧をたまわりました。

きれいで安全な地下水を使い 確かな商品を皆様に

農場で使う水は、すべて地域共同の地下水で、採水地では毎年ホタルが乱舞する美しい湿原です。 きれいで安全な水を十分に使い、安全安心な作業をすることで、確かな商品を皆様にお届けしています。
豊予農場のある杵築市相原地区は開拓地です。しかしここも高齢化と担い手不足で、どんどん畑が荒れてきています。園主・石児賢二は自分の畑を大切にしていますが、地域の環境も保つよう努力しています。園主の夢は、父や祖父が開拓したこの地を、もう一度開拓しなおすことです。

お子様も安心して食べられます。
石児さんちの果物の注文はこちら
このページのトップへ戻る